hana日和 

北海道旅行

店の休みを利用して娘たちと三人で北海道に行ってきました。

一番の目的は美唄にある、彫刻美術館アルテピアッツァを訪れることでした。

美唄市はかつて炭鉱で栄えた町。時の流れの中で炭鉱は次々と閉山し、町が急速に寂れていってしまいました。そんな時に、地元出身でイタリア在住の彫刻家、安田侃さんが閉校した小学校の土地を利用して理想的な彫刻庭園美術館を作ろうと思い立ったのです。自分の作品を置くためだけでなく人が集う場所として理想的な広場が作りたかったといいます。

前置きが長くなりましたがその会場に期間限定で父samiroの作品が彫刻と一緒に飾られるというのでその様子を是非見たかったのです。父の作品は閉校した小学校の教室の中にありました。古い木造の天井が高い教室の上から吊るされた布はその場の雰囲気によく馴染んでいました。

窓から外を眺めると広大な芝生と紅葉した木々や多くの人々が思い思いに憩う姿も見られなんて贅沢な場所何だろうと、強引にここまで来てしまった甲斐があったと感動しました。

話が前後しますが私たち、まず、旭川空港に着いてはじめに向かったのは上野ファームでした。北海道には有名な庭園が数多くあるようですが、こちらは上野さんがご家族と一緒に力を合わせて作り上げた広大なガーデンです。

私たちはラッキーなことに上野さんご自身にガイドをしていただきながら広い庭を見学することができました。

秋ですから落ち着いたおとなの雰囲気の中、ダリアだの名を知らない花がまだまだたくさん咲いていて、私たちのテンションは上がりっぱなし。どの場面をとっても絵葉書のような写真が撮れますし、みんなで時間を忘れて歩きまわりました。

シーズンの最終日に行ったことになるのですが、翌日旭川には初雪が降ったとか。閉園すると、その日から春に向けての冬仕度の作業が始まるそうです。春とか夏、また違う季節に是非訪ねて見たい素敵なガーデンでした。

夜の宿は十勝。どこにも寄らずに、ひたすら走る四時間の長いドライブになってしまいました。

やっとの思いで到着した宿は10組のお客さんしかとらないというこじんまりした旅館。少しづつ運ばれてくるお料理は土地のものを中心にした和食で目もお腹も満足するおいしさでした。最後にサプライズ。

娘たちが私に誕生プレゼントを用意してくれていました。(中身は内緒です。)

たった一泊の旅行で大忙しでしたけれど、内容の濃い、楽しい時間が過ごせたことに感謝です

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 通販のみ営業

オンラインショップ受付:
24時間
お電話のお問い合わせ対応:
10:00~18:00

hana 公式ページへ

季節の商品のご案内、お得なクーポンなどを配信しております。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ